戦略人事システムを活用して他の企業と差をつけよう

在庫品を活用していますか

男女

在庫は見極めが必要です

在庫がなければ販売機会を逃してしまうからといって大量に在庫してしまい、気が付いた時には手元の現金が無くなってしまったケースがあります。確かに機会損出を考えれば分析をした上で在庫を積んでおかなければなりません。旬な商品ほど勢いに任せて仕入れをしたくなります。しかし、在庫を処分するタイミングも計らなければなりません。在庫管理は日頃の仕入れに忙しくなると、思いがけず増えていくものです。旬な商材は早期に売り切るのが一番ですが、旬とはいえ必ず値下げをしてでも処分しなければならなくなる時期がやってきます。在庫管理はその時期を分析し、日頃の仕入れと販売実績との関係を絶えず確認しながら行わなければ成果が上がりません。また、確実にキャッシュを増やすためには回転率を高めていく必要があります。商品自体は変わらなくてもゾーニングの変更から訴求力を高めたり、値下げに関しても旬が過ぎる前に早め早めに行うことで在庫を現金化できます。在庫管理によって現金化できれば次の仕入れの資金源となります。しかし、値下げがもったいないといってプロパーのまま販売し続けたり、倉庫に眠らせてしまうとその分だけ商品価値が下がり、減価償却をしなければならなくなります。これでは在庫管理とは言えません。また、借り入れをしてまで在庫を増やしていく前に、在庫管理に強くなることがキャッシュフローを高める手段になります。新しい商品を仕入れるためにも現在の在庫を見直し、新たな資金源確保のために在庫管理を強化していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加