戦略人事システムを活用して他の企業と差をつけよう

在庫品を活用していますか

在庫管理を怠ると、商品の価値が下がっていることに気が付かず、処分損が発生して利益を圧迫してしまうことがあります。旬な商品ほど機会損出を考えて在庫が膨らみがちです。借り入れをしてまで商品を仕入れる前に、手元の在庫をしっかりと管理し、現金化へ繋げる策が必要です。

経営戦略と人事システム

PC

人材マネジメントを効率化

さまざまな事業活動を行う企業にとっては、事業内容ごとに異なったITシステムを導入することで業務効率化を図っています。その中でも大半の企業に共通しているのは人事関連システムですが、そのために使われる人事システムにも大きく2種類に分かれます。すなわち給与計算や勤怠管理等の定型業務をIT技術で効率化する人事・給与システムと、人材マネジメントの効率化を目指す戦略人事システムの2つです。このうち人事・給与システムはすでに多くの企業で導入が進んでおり、その機能にもそれほど大きな違いはないと言われています。これに対して戦略人事システムを導入している企業は現時点で少数派に属し、未導入の企業に差をつけるチャンスを掴んでいるのです。人材マネジメントを重視する戦略人事そのものは古くから行われてきましたが、IT技術が確立する以前は経営陣の持つ人材活用ノウハウに大きく依存していました。現在では社員データベースをこうした戦略人事にも応用できる技術が開発され、経営者が下す意思決定プロセスの短縮が可能となっています。もちろん戦略人事システムを経営戦略にどう活用していくかは企業次第ですが、伝統ノウハウの有利性が薄れてきているのも事実です。タレントマネジメントシステムと呼ばれるIT製品は代表的な戦略人事システムとして知られており、先進的な企業ではすでに導入が進んでいます。多数の社員を雇用する企業では、1人1人の社員が持つ能力や実績等のデータを経営者が直感的に把握するのは困難なものです。採用や研修・登用といった人事管理を幅広くカバーする戦略人事システムを活用することにより、適材適所の人材活用が実現されます。1人1人の社員がパフォーマンスを最大限に発揮していけば、企業の競争力は自ずと高まります。導入していない企業が多数派を占める現状を考えると、戦略人事システムの有効活用で得られる優位性は決して小さくはないのです。

オフィス

情報の共有

社内において情報共有を行うことは、円滑に業務を進めていく上でも欠かすことのできないものとなっている。情報共有ツールでは、WEBを用いて利用するツールが多くなっており、掲示板への書き込みやスケジュール共有などが行われる。

男の人

内訳管理は大変

便利な入金消し込みソフトをクラウドで選ぶ場合はインターフェースがシンプルな設計になっている物が良いです。さらに表計算ソフトからエクスポートできる機能や月額料金が安価なところにします。オプション豊富で検索機能も使いやすいものがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加